【小郡】2016年5月20日(金) アナログキューブ

小郡市内の高齢者施設で入居様を対象に月に2回臨床美術教室を開催しています。
5月20日(金)は「アナログキューブ」をしました。

今回は立体に挑戦です。
使用するのは「ブリックキューブ」というレンガです。
レンガはホームセンターで購入しましたが、置いている店と置いていない店があり、
ある程度の数を揃えるのはちょっとだけ苦労しました(^^;)

最近は制作の導入として、セッション前に制作のテーマに関連する歌を歌っています。
今回の歌は「線路はつづくよ どこまでも」。
懐かしい歌〜。

ホワイトボードに書いた歌詞を見た参加者の皆さん。
全員が揃う前の待ち時間に、なんとなく歌い始めてくださいます。
全員が揃って、もう一度大合唱♪
私(倉吉)も皆さんと一緒に歌う機会が増えて、人前で歌うことにだいぶ慣れてきました(^^)。

さあ、今日のキーワードは「つづく」ですよ〜。
私の呼びかけに皆さんは「???」というお顔をされています。

まずは立体のレンガに色をつけることを説明して、スポンジでポンポンと色をのせていきます。



次に、一本の線がレンガの6面全面を通るように線をつないで描いていきます。
そう、線路がどこまでも「つづく」ように。(ここでキーワードが出てきました。)
どこまでも続く線を全部の面に描いていきましょう!

野を越え、山越え、谷越えて♪
線が続いていきます。


そうそう、その調子です。



2本目の線も違う色でどこまでも続く線をひきましょう!


たくさんの色で線が入りましたね。



各辺にスポンジで色をのせて、それぞれの面に点や線などを加筆したら完成です。
色鮮やかで個性豊かなキューブができました。


見る角度で印象が違うのも楽しいですね♪



最後は鑑賞会です。
お一人ずつ作品を紹介していきます。
それぞれの作品の良さを皆さんで共有する大切な時間です。


実は…線をぐるっとつなげて描くのは難しいかなあ。
手で持つのも重いし、実際塗りにくいよね〜。
などと思っていたのですが、
なんのことはない。皆さん楽々と制作してくださいました。


「楽しかったね〜」。
制作後に参加者の方が言って下さった言葉と笑顔に私の心がほっこりしました。
こちらこそ、楽しい時間をありがとうございました。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL